« 2006年6月 | トップページ

2006年7月 9日 (日)

14歳の挑戦

なんだか忙しくて、先週何してたんだろうって思い返したら、先週(7月3~7日)は中学生の職場体験「14歳の挑戦」でした。石動中学から男子1名女子2名、当店に来てくれました。  「教えようとか、仕事してもらおう」と思うと、思い通りにならなくて、 イライラしてしまうのですが、 手伝いもしてくれる大切なお客様だと思えば、 大変ありがたい子どもたちです。   (また写真撮り忘れました)

やはり一人っ子、3人兄妹の2番目、3番目とかでかなり性格違うのですね!(当たり前か) 中学2年なのに今年の子は、随分優秀でした。 いらっしゃいませの挨拶が、 立派で私や、新人のバイト真っ青、 言った事はてきぱきこなすし、きちんと質問報告。 親の顔が見てみたい。  別の意味で、親の顔を見てみたい子もいましたが、  

おかげで、一緒に掃除させて頂いて、店内外がピッカピッカ!  やればできるんだ、私でも。 普段の心がけが大事ですね!

2006年7月 1日 (土)

和倉温泉 加賀屋

遅ればせながら6月21日和倉温泉加賀屋に泊まって来ました。マイブームで『今度は皆で加賀屋へ行こう』が合言葉。良かった!Dscf0374web (決して宣伝ではありません)

業界の会合だったのですが、「どうせ内装が豪華なだけだろう}と斜に構えて行ったのですが、「期待を裏切る」これが26年間日本一のCS(顧客満足)。  会場は写真の所で会議があったのですが、加賀屋の会長様の講演もありました。   

用意されてたのが加賀屋のネーム入り筆記具と便箋とレジュメとコースター3個と飴3個。  ?? コースターはお茶とジュースと水が適度な間隔で出されました。 (やや好感度アップ)     Dscf0373web会長の小田禎彦さんの「何度も噛んで含める」人材教育方法や、アンケートによるクレームなしを目指した「クレーム大賞大会」等など。    含蓄のある話にまた好感度アップ!

加賀屋の歴史で母上の話でウルウルしそうでした。改めて今日ホームページから   元気でやってるかい”は、加賀屋創業80周年を機に発行された書籍。先代女将、故・小田孝がおもてなしの心と若き日の苦労を語っています。”   を読んでまたウルウルしそうになりました。 是非目を通してみてね!

料理も仲居さんや他の人たちの応対も良かったが、帰りがけの対応が素晴らしかった。車のウィンドウを二人で拭いてくれたり仲居さんが見えなくなるまで外で見送ってくれたり、とても満足なサービス心遣い、ファンになりました。 『あんたの期待超えてみせまっせ!』  ほんとに期待を超える体験でした。

« 2006年6月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック